究極のしぼりたて「今朝しぼり」は3月4日蔵出しです(完全予約制)

ご予約〆切日:2月22日(月)
発売日   :3月4日(木)となります。
3月4日当日の早朝から当社スタッフ数名が蔵元に伺い、瓶詰めのお手伝いをして帰ってきます。
その為9:30のオープンに間に合わない可能性がございます。
予めご了承ください。

今の時代、普通に美味しい酒はどこにでもあります。
ただの美味しいを越える、感動するほど旨い酒を届けたい。そんな思いで「今朝しぼり」に2005年から取り組み始めました。
蔵見学にお越しになったお客様が、しぼった直後のお酒の味わいに感動され、あの美味しさが忘れられないと口をそろえておっしゃいます。「これだ」と思い、しぼったその日にお届けする「究極のしぼりたて」ということで、できたてのしぼりたて新酒を即瓶詰めし、しぼったその日に蔵出しする「今朝しぼり」は生まれました。

ただ、「今朝しぼり」は年に何度もはできません。
お酒は何十日もかけ、目に見えないほどの小さな酵母などの微生物が働いてできますから、なかなか人間の思い通りに行かないのです。毎年お米の作柄も変化し、美味しいお酒が出来ることが奇跡で神秘的なことですから、その上しぼり日をあらかじめ決めることは普通絶対に出来ません。
「予定日に美味しいお酒をしぼり、しぼったその日にお届けする」、こんな冒険みたいなチャレンジは年に一度しかできません。「必ずや感動の味を予定日にお届けする」という意気込みで臨みますが、毎年果たして予定通りにできるのかと緊張し、すべての「今朝しぼり」が蔵から出荷された時には体から力が抜けていきます。ある年はお酒をしぼる機械のセッティングに不備があり、お酒をしぼる時間が大幅に遅れてお客様にご迷惑をおかけした年もありました。
「今朝しぼり」の前日にお客様からのご注文数の集計が大幅に間違っているのに気がつき慌ててお酒を詰める瓶を仕入れる為に車を走らせたこともありました。朝から雪が降り出して、ノーマルタイヤで「今朝しぼり」を取りに来られた酒販店さんが無事に帰られるのかと心配することも一度や二度ではありませんでした。
そんな大変な「今朝しぼり」ですが、「年に一度の縁起もの」、「待ってました!!」というお客様の嬉しい声に支えていただき、年に一度の挑戦を続けております。

詳しくは、福井弥平商店様のホームページでもご確認できます。

ご予約はこちら。用紙を印刷の上して店頭スタッフにお渡しください。